Monthly Archives: 5月 2016

消費大国アメリカでクレジットカードを使い節約に失敗

2ac166cc37cfb5d1a4185c96db19317e_m

私は以前、主人の仕事でアメリカで生活をしていました。アメリカは日本とは違ってクレジットカード社会でした。現金はほとんど持ち歩かず、食品や日用品の買い物はもちろん、タクシーや美容院などのサービスも、1ドルのアイスクリームを買うのでさえほとんどがクレジットカード払いをする人がほとんどです。今思えばもっとインターネットでアメリカのことを調べておくべきでした。SNSで発信することも大事です。まずはインターネットでオンラインの人脈を作ること、これが大事です。

私の主人の家族カードとしてクレジットカードを持っていました。日本で生活していたときはクレジットカードは持っていたのですが、あまり利用する機会がなく現金払いがほとんどだったので、最初は違和感がありましたが、現金を持ち歩かなくていいこと、小銭が財布の中で一杯にならないことなどメリットがありましたので、次第にクレジットカードに慣れて、便利だと思えるようになってきました。
dobai2

アメリカは広し

しかし家計を管理していた私にとってクレジットカードはカードを提示してサイン1つで買い物ができてしまうということで、ついつい無駄遣いをしてしまいました。特にアメリカは消費大国でもあり、商品を2つ買えば3つ目は無料といったセールがあったり、食料品も量が多くそのぶん値段も高くなっていたりして、慣れないアメリカ生活の中でどんどん消費を促すようなシステムに惑わされ、日本では一月の食品代金が3万円くらいで収まっていたのがアメリカでは日本円に換算して5万円ほどになってしまいました。また日用品や外食などもクレジットで払うことで、節約意識をあまり持つことができず、どんどん使ってしまい、クレジットの明細が届いて見てみると月に20万円ほど使ってしまっていました。

このままではいけないと思い、家計簿をつけたり、現金で払えそうなところは現金で支払うようにしたり、節約を意識してみたのですが、やはり私にはクレジットカードを日常的に使うのは向ていないようでついつい無駄遣いばかりしてしまいました。カードを提示してサインをするだけで買い物ができてしまい、後に明細書が届いてお金を使いすぎたと反省しても手遅れです。クレジットカードは確かに便利なものですが、私は現金で払うことで消費意識を持つ方法が向いていると思います。

ANA提携VISAカード

①30代 ②女性 ③主婦